OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ブログ

スポーツジムがYouTubeで集客する効果的な方法1「YouTubeアンケート機能を使う」 #集客 #YouTube

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はいこんにちは、プロYouTuberの高稲です!

 

スポーツジムの集客の場合、一番の問題点は

①マーケティングに詳しい社員がいない

②インターネットに詳しい社員がいない

という2点です。

 

そしてスポーツジムが行わなければならないのは、

①会員の継続率アップ

②会員の退会率ダウン

③新規会員の獲得

の3点です。

 

さらにそのために考えるべきことは、

①会員が求めるサービスの提供

②会員との円滑なコミュニケーション

の2点です。

 

普通のスポーツジムの場合、こうなります。

①他社の後追い(自ら新しいサービスを生み出すことができない)

②他社と同じ広告宣伝を行う(チラシ・ポスティング・リスティングなど)

③トレーニングに関する専門的スキルアップの実施(マーケティングに関するスキルアップは行わない)

 

このやり方だと、どうなるかというと

①他社と差別化できない、というか業界リーダーが取るべき同質化戦略を間違って行っている

②広告宣伝費用が減らない(コストをかけたもの勝ちになる)

結果的にどんどん集客が難しくなります。

 

じゃあ、どうしたら良いのか?

 

仮説の検証を行い、数字と事実に基づいた経営を行わなければなりません。

 

やるべきことは、

①現場から意見の吸い上げ

②インターネットを使ってネットユーザーから意見の吸い上げ

 

 

そこでYouTubeの出番!

現場からの意見の吸い上げは日々行っていけると思います。並行してYouTubeでも意見を吸い上げます。どうやってYouTubeから意見を吸い上げるのかというと、YouTubeにはアンケート機能が付いていますのでそれを使います。

 

YouTubeアンケート機能について

YouTube動画をアップしたら、カードの機能からアンケートを追加できます。下記の動画を見てください。画面の右端にカードが出てきます。

 

カード見れましたか?アンケート集計も管理者は見れます。

 

スクリーンショット 2016-07-08 18.09.31

 

YouTubeアンケート機能を効果的に使うには?

当たり前ですが、動画が再生されなければアンケートに答えてもらうことは出来ません。そこでまず、会員さんの意見を聞いて、会員さんが求める動画を作りましょう!そしてジム内で告知すれば会員数分はアンケートが集まるかもしれません!

アンケートを行うにあたって、質問文と回答選択肢をうまく設定してください。質問文が誘導尋問にならないようにしましょう。

 

YouTube動画を作れば会員さんとのコミュニケーションが図れる

面白い現象が起きます。みんなスマホを見ながらトレーニングするようになり、スタッフにいろいろ質問してくるようになります。会員さんは運動の知識がつき、理想の体に近づいていきますし、スタッフも会員さんと良好な仲を保つことができます。いろいろ聞かれるようになるので、積極的に勉強もするようになります。会員さんがスタッフのファンになれば、退会率も減りますし、紹介客も増えます。

 

コミュニケーションが取れていれば、多くの問題が解決する

退会理由を正直に書く人はいません。「多忙のため」とか「私的な理由で」とかそういうのが多くて事実が分かりません。実際は「効果が出ないから」とか「時間が取れない」という場合が多いです。その時に一言スタッフに相談してくれれば、解決策を示すことも出来たでしょう。「短時間で効果的なダイエット方法を教えます」とか。それで作った動画が下記の動画です。

 

YouTube、始める気になりましたか?

今回はYouTube集客第一弾ということで記事を書きましたが、まだまだ有効な活用方法がたくさんあります。僕はYouTubeからパートナーマネージャーをつけてもらっていますので、最新の情報を常に受け取っています。日本に8人のYouTubeアンバサダーの1人としてYouTubeクリエイター向けのセミナーをGoogleと一緒に行っています。またYouTube認定資格というYouTube戦略の立て方に関する資格も取りました。どんどん進化するYouTubeを是非活用してみてください。

 

以上です!第二弾に続きます!

 

YouTube集客に関する相談窓口

スポーツジムのYouTube集客のご相談はこちらまで。

キュレーター情報
高稲達弥

YouTube公式アンバサダークリエイター&YouTube認定資格者

高稲達弥