12651152_978945275518767_6200904526459534435_n
エクササイズ

顔の肌荒れ!トラブル対処法!正しいスキンケアとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは 長崎の美容室FEELSの真琴です

今回は お顔の肌トラブル対処法のご紹介です!

 

肌荒れにも色々ありますが

今回は 「頬の赤み 乾燥肌 炎症が起きたとき」 の対処法です。

 

まずは正しいスキンケアをしましょう。

<正しいスキンケア>

(1)まずは手を洗う

よく泡立てるために、まず手を洗います。

(2)洗顔料を良く泡立てる

次に、洗顔料を細かい泡を作るように良く泡立てます。具体的には洗顔料を利き手とは逆の手の平に乗せ、少し窪めて、手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で水を混ぜながら良く泡立てます。苦手な方は泡立てネットを使っても良いでしょう。

(3)Tゾーンから優しく洗い始める

もちもちの泡が玉子1分ほどの大きさまで出来たら、手と肌の間にクッションの様に泡を乗せ、まずはTゾーンや顎など、皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。なるべく指がお肌に触れないようにしましょう。

(4)目元や口元は泡を乗せるだけで十分

乾燥しがちな目元や口元などは、泡を乗せるだけで十分です。

(5)ぬるま湯で最低20回以上すすぐ

洗顔料をぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、洗顔料がお肌に残らないようにしましょう。お湯の温度は33℃~36℃くらいが理想的です。

(6)ティッシュで優しく顔を押さえる

タオルで顔を拭くと、タオルに繁殖した雑菌により肌荒れや吹き出物が出来やすくなってしまいます。

洗い立てのタオルでも、洗剤の中に含まれる合成界面活性剤も雑菌同様、お肌にとっても悪いです。
清潔なティッシュを使うことで、タオルのこすれ等による刺激を防ぐことができますし、必要以上の水分を吸収することもなく、ある程度の水分を残してから保湿などのケアをすることができますので、敏感肌にきび・吹き出物が出来やすい人には特にお勧めの方法です。

(7)洗顔後はすぐに保湿

洗顔後の肌から水分が蒸発する時に角層の水分が奪われる過乾燥になりがちです。3分以内に十分に保湿をするように心がけましょう。

 

次は外的要因 内的要因を見直しましょう!!

<外的刺激をさける>

(1)古い化粧品や汚れたメイク道具はNG

(2)乾燥や紫外線などから肌を守る(加湿器 日焼け止めを塗る)

(3)触らない メイクは控える

 

<内的要因を見直す>

(1)しっかりと睡眠をとる

睡眠中に肌の細胞が再生され、必要なターンオーバーにつながります。
出来る限り多くの睡眠を取る事で、肌荒れを改善させる事が可能です。
一般に、午後10時から午前2時までがゴールデンタイムと呼ばれ、肌の再生にもとても大切な時間帯といわれます。

(2)ストレス をためない

半身浴や適度な運動が お肌の再生力を促します

(3)食生活を見直す

アルコールやカフェイン 刺激物を避け
皮膚をつくるビタミンA ビタミンB1 B2と、たんぱく質、鉄分 コラーゲン 食物繊維も意識して食べてみてください。

 

ステロイドなどの薬に頼らず、地道な 正しいスキンケアと健康的な生活で

つるつるの赤ちゃんお肌を目指しましょう!

 

キュレーター情報
浅野真琴

走るビューティー美容師

浅野真琴

LINE@で個別相談する