シーケンス 33.00_18_31_05.Still013
エクササイズ

腹筋が割れるまでの7ステップ!こうすればシックスパックになれる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マッスルウォッチングの高稲です!まず、僕は小学生の時から今(35歳)までずっと腹筋が割れっぱなしです(笑)おそらく小さい時からずっと運動していた人は僕みたいな人が多いのではないでしょうか?そんな人生シックスパックの僕から、これから腹筋を割りたいあなたへ7つのステップをお伝えします。

シーケンス 34.00_13_33_16.Still031

 

ステップ1

全身をよく動かすこと。腹筋ってどんな時に力が入るでしょうか?クランチしている時ですか?それはもちろん入りますが、通常のアクティビティで考えると「走る」「跳ぶ」「打つ」「投げる」「泳ぐ」「漕ぐ」など挙げればキリがないですがいわゆる全身運動してる時です。走る時、手を振るからその振りに耐えるために腹筋に力が入ります。跳ぶ時は空中で体勢を維持するために腹筋に力を入れないわけないはいきません。

※できる範囲で良いので無理せず少しずつ運動できるようになりましょう。

 

よくある間違い1

クランチなどのいわゆる腹筋トレーニングだけで腹筋を割ろうとする。これは効率が悪いです。全速力で走って跳んだ方が腹筋自体は鍛えられます。

※最初から全力で出来なくてももちろんOK。少しずつ動ける体になっていきましょう。

 

ステップ2

新鮮で栄養価が高いものを食べること。お腹に脂肪がつきすぎて入れば、当然割れた腹筋は出てきません。食事管理をする必要があります。食事管理はとても簡単です。何も我慢する必要がなく、無理なく続けることが出来ます。その方法は新鮮で栄養価が高いものを食べること。今あなたのお腹に脂肪がたくさんついているのは新鮮ではなく栄養価が低いものを食べているからです。いわゆる生鮮食品を食べるだけで良いのです。

 

よくある間違い2

カロリー制限や糖質カット、鶏のささみばかり食べたりサラダしか食べないなど、極端で偏ったことを行うと必ずリバウンドします。我慢したり頑張ったりしていることはいつかは終わります。一生涯は続けられません。

 

ステップ3

筋トレ・有酸素運動・ストレッチ、全ての運動を行なってください。スポーツを行えばこの3つを同時に実現できます。またバリエーションを常に増やしてください。毎回違う刺激を腹筋に与えることができれば大成功です。

 

よくある間違い3

特定の種目をいつも同じ負荷で行なっていても、あまり進化は望めません。筋トレが良いとか有酸素運動が良いとか、そういうのはありません。全部バランスよく行うのが正解です。何をやるかではなく、必要なことをバランスよく行うことを心がけましょう。

 

ステップ4

トレーニング時間は短く、複数回行う。トレーニング時間を短くすることで、集中できトレーニングの質が向上します。1度に長い時間行わずに、1日の中で2〜4回小まめにトレーニングを分けて行いましょう。自宅・ジム・通勤途中の電車・歩いている時・空き時間・お風呂場、実はいつでもやろうと思えばトレーニングができます。姿勢正しくしているだけで腹筋は使われています。意識しましょう。

 

よくある間違い4

週2回、各2時間トレーニングを行う、そしてそれ以外は何もしない。1日は24時間です。1週間のうちにたった4時間しかトレーニングしなければ、残りの164時間は何もしていないということになります。また人間の集中力は長く持たないことを考えると質の点でも劣るでしょう。

 

ステップ5

毎日お腹の写真を撮る。鏡で見る。今、自分のお腹に脂肪がたっぷりついているのなら、それを見ることによって「この脂肪をなんとか落としたい」という気持ちが大きくなります。気持ちがモチベーションになり行動に繋がります。SNSに載せて他人の目を使う手も有効です。

 

よくある間違い5

太っていることを自分からも他人からも隠す。現実を見なければ成長はないです。劣っていて改善しなければならないと認識できれば必ず解決できます。隠して知らないふりをして、特に問題ないと考えれば、状況は変わりません。

 

ステップ6

トレーニング仲間を見つける。これは何も一緒にトレーニングする仲間だけではなく、SNS上で励ましあったり状況を報告しあったり、そんな関係でも良い。

 

よくある間違い6

一人ぼっちでトレーニングする。1人で行うトレーニングは楽しくない、辛い。そうなると1人で寂しくトレーニングを始めて、そのうち静かにトレーニングを辞めることになる。ジムに入会してもすぐ辞めてしまうのはこれが原因です。

 

ステップ7

何をどのぐらい行なったらどうなるのかを知る。どの程度のトレーニングを行えば結果が出るのかを知っておくことは重要です。何をどれだけやれば成果が出るのか分からない状態ではトレーニングが続けにくいです。安心してください。ステップ1〜6を1ヶ月行えばその答えは出ます。

 

よくある間違い7

闇雲にいろんな方法を試しては辞める。ダイエット方法は毎シーズン新しいものが出てきます。新しいダイエット方法が魔法のように効くかというと、そうではありません。

 

1週間でお腹の脂肪を落とす方法

この再生リストの7つの動画も参考にどうぞ。

 

腹筋引き締めトレーニングシリーズ

200本以上の腹筋トレーニングがこの再生リストに入っています。

 

質問はコミュニティまで

以上です!質問がある人はマッスルウォッチングコミュニティに参加しよう!

キュレーター情報
高稲達弥

YouTube公式アンバサダークリエイター&YouTube認定資格者

高稲達弥