beforeafter
スキン

顔のたるみ、むくみを撃退! 表情筋トレーニング簡単3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代からはじまるといわれている老化。特に老化からくる顔のたるみやむくみで悩んでいる方は大変多いといわれています。

顔は毎日、重力で下がっていくため、マッサージなどのケアは毎日行うのが効果的といわれています。一度老廃物が流れても、8時間後にはまた老廃物が蓄積されるため、朝も夜もマッサージなどのケアをすることがたるみにくくなる秘訣。

そうはいっても、朝は時間に追われ、夜は疲れてなかなか顔のケアをする時間を作れない。そんな方におすすめの合間にできる簡単な表情筋のトレーニングをご紹介。

表情筋とは?

顔の目や口、鼻などを動かす筋肉です。

顔には30種類以上の筋肉があり相互に作用し、人の表情を作り出します。また、身体の筋肉は、骨と骨をつないでいますが、顔の筋肉は骨と皮膚につながっているため細かな表情を作り出すことができます。

表情筋は通常の生活では全体の30%しか使っておらず、無表情で筋肉を使わなかったり、加齢などが原因で衰え、衰えた表情筋は今まで保っていた顔のハリなどのバランスを崩しシワやたるみになります。

また、たるみが毛穴やシワが目立たせ、どんどん老け顔になる原因となります。

今回ご紹介する3つのポイントは、たるみが目立ちやすい場所を引き上げるため、すぐに効果を実感しやすい3か所です。

詳しい動画はこちらをご覧ください

 

1.口角を引き上げる

koukaku 

口角が下がっているか、上がっているかで見た目の印象もかなり変わります。

毎日トレーニングしていくことで、自然な表情の時もクイッと口角の上がった

顔に変わっていきます。

 

2.こめかみ~耳を上下に動かす

komekami

こめかみが引き上げられると頬全体の筋肉が引っ張られるため、ほうれい線や目の下のタルミにとても効果的。

一気にイキイキとした印象へと変わりやすいポイントです。

 

3.眉山を動かす

mayuyama

眉を動かすことと連動して目の周りの筋肉も鍛えられるので目のシワやたるみが引き締まります。

顔のパーツがひとまわり大きく見えるようになるので小顔効果も大◎‼

 

たったこれだけの簡単3ポイントトレーニング。

この3か所を使うことで、写真を撮るときにも、若返り小顔の印象につくりやすくなります♪

 beforeafter

 

 

 

 

 

専門家情報
RIna

美容セラピスト講師

RIna

LINE@で個別相談する