小松菜スムージー
フード

体が柔らかくなるスムージーの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルーツと野菜スムージーで体を柔らかくする方法

ダイエットの為に痩せることが目的でスムージーを飲む人も多いですが、アンチエイジングや体を柔らかくするスムージーもあります。ヨガやピラティスをしている人や、ゴルフやテニスをしていて最近体の柔軟性が落ちてきたなと思う人は是非試して欲しいです。酵素たっぷりで美味しく飲めます!

 

グレープフルーツクエン酸スムージーレシピ

体を柔らかくするのはクエン酸が効果的です。クエン酸は疲労の原因となる乳酸を取り除いてくれる働きがありますので、筋肉の疲労を予防してくれます。筋肉が疲労するとだんだん筋肉が硬くなり、柔軟性が失われます。クエン酸で疲労の予防をすることで、筋肉が硬くなりにくくなります。そのため、筋肉はいい状態を保つことができるようになります。早く疲労から回復し、成長が促進されるので体が柔らかくなりやすいというわけです。ヨガをするにあたりクエン酸を意識して摂ることにより体を柔らかくしヨガのポーズも取りやすくなります。クエン酸はレモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物やイチゴやパイナップルに多く含まれるいわゆるすっぱいものです。

 

分量

グレープフルーツ1個

パイナップル1/4個

小松菜1/2束

水100cc

 

ブルーベリー抗酸化スムージーレシピ

抗酸化スムージーの作り方です。体を柔らかくするには抗酸化作用のある食べ物を摂ると良いです。抗酸化作用がある食べ物はアンチエイジング効果もあります。抗酸化物質は血液をサラサラにして新陳代謝を上げる効果もあります。血液がサラサラになるとたくさんの栄養や酵素を筋肉に運ぶことができます。代謝活動が活発になり、成長が促進されるので体が柔らかくなります。ヨガをしている方も体を柔らかくしてポーズを取りやすくするために飲んでいます。様々な食べ物の中で最も抗酸化作用が高いのはバナナです。バナナはアミノ酸や各種ビタミンの宝庫であり、食物繊維もたっぷり含まれた食べ物です。さらにポリフェノールが豊富に含まれるブルーベリーやラズベリー・ブラックベリー・イチゴなどのベリー類には抗酸化物質が豊富に含まれています。

 

分量

ブルーベリー1カップ(冷凍ブルーベリーが安くておすすめ)

バナナ1本

セロリ1本

水100cc

キュレーター情報
Tomoko

美心食プロデューサー

Tomoko

LINE@で個別相談する