【まとめ】ダイエットの間違いパターンと正解パターンを一挙公開! | Muscle Watching

マッスルウォッチングの高稲です!運動初心者の人がダイエットを志した時にやりがちな間違いパターンと正解パターンを紹介します!

間違いパターンその1:いきなり全力で運動し始める

今まで運動していなかったのに、いきなり「毎日2時間運動しますからメニューを教えてください!」と意気込む人がいます。早く成果を出したい気持ちはよく分かりますが、大抵3日坊主で終わります。

筋肉痛で動けなくなって・・・

時間が取れなくて1日サボったので、もういいやと思って・・・

モチベーションが持たなくて・・・

理由は様々ですが、そもそもが無理なプランです。

正解パターンその1:やり足りないぐらいで終える

ダイエット開始直後はモチベーションが高く、ついついやり過ぎてしまいます。そのやり過ぎがモチベーションの急下降を招き、結果3日坊主になってしまいます。ですから最初はやり足りないぐらいで終えてください。そうすると逆に次の日のトレーニングが待ち遠しくなります。やり切ってしまうと、次の日のトレーニングが嫌に感じるようになってきます。

気分が乗らなければやらない

時間がない時は途中で辞める

やりたい事だけをやる

こういう気持ちで臨めば、ずっと無理なく継続できます。途中でダイエットを諦めてしまう人は完璧主義で自分にノルマを課してその結果挫折します。

ハードルは常に低く行きましょう!

間違いパターンその2:やたら長時間走る

「痩せる=走る」という図式の人が多いです。残念ながら走っても痩せません。痩せることにおいて走るという事は効率が悪いです。ジムでランニングマシンを走っている人に限って太ってませんか?走るのが好きなら気分転換として走っても良いですが、痩せるためにもし走るのであれば100mダッシュや坂道ダッシュなど筋肉に負荷をかける走り方にしましょう。

20分以上の有酸素運動で脂肪が燃えるんじゃ?

汗かいた方が痩せるんじゃ?

こんな意見をよく聞きますが、ランニングやウォーキングは誰でもできる運動の1つとして紹介されているに過ぎません。もっと効果的で効率的な方法はたくさんあります。

正解パターンその2:短い時間でサクッと筋トレ

長い時間行えるという事は負荷が低いという事です。負荷が低い事をやるのは効果的ではありません。また長い時間行う必要があるものは効率が悪いと言えます。基本的には1日10分の筋トレでOK。「たった10分?」と言う人がいますが、10分間集中して行うとすごい効果を生みますし、1年続けたら3650分もやった事になります。

正しいフォームを学ぶ

1回1回に集中する

筋肉痛の部位は休ませて違う部位を筋トレするか、ストレッチや有酸素運動を行う

量よりも質を優先してください。そうすれば短い時間で最大の効果を出すことが出来ます!

正しいフォームはこちらの再生リストを見てください。

間違いパターンその3:やたら食事制限したがる

「ストイックな食生活で我慢に我慢を重ねた超人だけがダイエットに成功できる」みたいな幻想を抱いている人が多いです。ストイックだと続きません。続かないから失敗します。食べなかったら体重が減るのは当たり前です。カロリー制限したら体重が減るのは当たり前です。ですがそれを死ぬまでずっと続けることが出来るでしょうか?もし続けられないなら、辞めた時どうなるでしょうか?

糖質カットの方が痩せるんじゃ・・・?

1日1500kcal以下じゃないとダメなんでしょ・・・?

夜ご飯は食べない方が良いんでしょ・・・?

ここでも大事なのは量より質です。健康的な食べ物を食べていたらなかなか太れませんが、逆に不健康な食べ物を食べていたらすぐ太ります。量より質を極めましょう!

正解パターンその3:少しずつ食事の質を高めていく

出来ることから少しずつ食事の質を高めていけば、1年後には素晴らしい食生活が身についています。いきなり全て変えるとストレスが生まれます。また食費的にもきつくなる事が多いです。

丼モノをよく食べていたのをバランスの良い定食に変える

コンビニで済ませていたのをシェフのいる店での食事に変える

レンジでチンしていたのを簡単レシピで自分で作ってみる

食材を新鮮で栄養素の高いものにしていけばどんどん健康になり、筋肉がつき脂肪が落ちます。しかし全てを最初から完璧に行える必要はありません。1つずつ無理ないことから始めて平行して徐々に知識も付け、同じ考え方の友達を増やしながら少しずつステップアップしていきましょう!

僕の食生活の動画です。参考にどうぞ。

最初は1分間トレーニングからどうぞ

今まで運動していなかった人はまず1日1分運動しましょう!やりたい時は1分トレーニングをいくつか行っても構いません。まず体を運動に慣らして「もっと運動したい」「明日の運動が楽しみ」と言う状態に持っていきましょう!

焦ると負け、続ければ勝てる

すぐに成果が出ないから、嫌になった・・・

こんなに頑張ってるのに、なんですぐ痩せないの・・・?

ダイエット以外でもそうですが、成果が出るまでの時期を自分で決める事は出来ません。成果が出るまで続ける事があなたが出来る唯一の事です。成果が出る時期を自分で決める事は出来ません。成果が出るまで試行錯誤しながら続けるのがあなたがやるべき事です。

よく考え、よく学び、全力で毎日を過ごしましょう!

以上です!

家がジムになる?!「BODYBOSS 2.0」

BODYBOSS 2.0を使えば自宅でもジム同様にスクワット、デッドリフト、ベンチプレスが出来きます。

詳しく見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

僕の生きる道、あなたの生きる道

マッスルウォッチングの滝汗レッスンが鹿児島で受けられるようになりました!

間違った節約術と効果的な節約術

ほうれい線をなくすマシン おすすめランキング

ランニングのモチベーションを維持する5つの方法

【2017年10月更新】シックスパックの作り方(食事・運動・ライフスタイル)