太る食事・痩せる食事・健康な食事・筋肉をつける食事

マッスルウォッチングの高稲です!今日は4つの食事について詳しく解説します!まず最初に伝えておきます。食事は「質・量・タイミング」この3つが大事でどれが欠けても意味を成しません。

 

太る食事

朝食を食べない

朝食を食べないと太ります。筋肉が分解され、エネルギーに変わります。カロリーと栄養が得られないから体は省エネ体質になります。運動しても痩せにくくなります。朝食を摂らずにお菓子やジュースを摂る人もいます。血糖値が上がり、体脂肪がつきます。

栄養不足

コンビニ弁当やジャンクフードにはカロリーはありますが栄養が欠けています。体は必要な栄養が摂れるまで食べ物を欲します。栄養が不足している食事を摂れば、より多くのカロリーを摂る必要があり、その結果太ります。

糖質の摂りすぎ

糖質の摂りすぎは血糖値を急激に上昇させます。血糖値が急激に上昇すると体脂肪が増えます。急激に上昇した血糖値は急激に下降します。下降すると空腹感に襲われます。その結果、不必要なカロリーを摂取してまた太ります。

痩せる食事

良質な脂質を摂る

バター・チーズ・アボカド・卵のような良質な脂質を適量摂ることで血糖値が安定し、腹持ちが良くなり、不要な間食を防ぐことが出来ます。

朝食では糖質を控える

一定時間糖質を摂らない時間を作ることで、体脂肪が燃えやすくなります。朝はアボカド・卵・プロテイン・バター・チーズ・肉・魚などの脂質とタンパク質のみ食べるようにします。

昼と夜は適量の糖質を摂る

糖質を完全にカットすれば、一時的には痩せますがリバウンドします。リバウンドしないためにも昼と夜は適量の糖質を摂ります。茶碗一杯のご飯を食べると良いでしょう。体が小さい人や高齢の方ならもっと少ない量でも構いません。

健康な食事

新鮮で栄養価が高いものを食べる

野菜や果物はもちろん、肉や魚についても出来るだけ冷凍食品や加工食品は避け、生鮮食品を食べてください。何かしら人工的な手が加わることで余計な添加物が含まれます。そういった添加物は体にとってよくないです。

品数を多くする

品数は多ければ多いほど良いです。色とりどりの盛り付けであればバランスよく栄養が摂取できます。

旬の食材を食べる

旬の食材は最も栄養価が高い食べ物です。積極的に旬の食材を食卓に取り入れましょう。

筋肉をつける食事

糖質を多く摂る

筋肉量を増やすにはタンパク質はもちろんですが、糖質も摂って体重ごと増やすのが1番です。もし糖質の量が少なすぎれば、体重も増えにくく筋肉も増えにくくなります。

タンパク質を多く摂る

筋肉の源はタンパク質です。肉や魚に含まれるタンパク質を積極的に摂りましょう。

カロリーを多く摂る

体重を増やし、筋肉を増やすには食べる量を増やす方が良いです。その際、卵やアボカドなどはカロリーを摂りやすく栄養価が高い食材なのでオススメです。

 

オススメは健康な食事

健康な食事は老若男女・目的問わず誰もが心がけるべきです。痩せる食事や筋肉をつける食事は目的に応じて選択して良いと思いますが、ベースには健康な食事があることが望ましいです。また痩せたり筋肉をつけるには適切なトレーニングを行う必要があり、トレーニング内容次第では求めている結果が出ません。

P.S.

もし、間食を摂るならハイカカオチョコレートがオススメです。1日25g食べることで健康になります。

以上です!

家がジムになる?!「BODYBOSS 2.0」

BODYBOSS 2.0を使えば自宅でもジム同様にスクワット、デッドリフト、ベンチプレスが出来きます。

詳しく見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

理想のプロテインと出会って7ヶ月経過。お腹を壊さなくなりました。 #プロテイン ...

とりむね肉を使ったダイエットレシピ

プロテインを選ぶ基準は何?

肉食べよう フランス肉事情後編

捨てるのもったいないアボカドの種~食べる?食べない?活用法は?

ホエイプロテインを飲んで筋肉をつけるには? #男性ホルモン #テストステロン